Yuji Nakada
Official Diary
NEWS
●メルマガ会員募集中!!
《PCからのご登録》
こちらの登録フォームまで

《ケータイからのご登録》
下記QRコードを読み取り、空メールを送信してください。
QRコードが読み取れない場合は、a-07qv35@cbz.jp宛に空メールを送信し てください。
中田裕二メルマガ

PROFILE
中田裕二(なかだ ゆうじ)
1981年生まれ、熊本県出身。
'00年、仙台にて「椿屋四重奏」を結成。歌謡曲をベースにした斬新なロックサウンドで多くの音楽ファンを獲得。'11年1月の突然の解散発表は大きな反響を呼んだ。
'11年、3.11東日本大震災の被災地/被災者に向けた作られた「ひかりのまち」を震災直後に発表 (収益はすべて義援金として寄付) 。11月、ソロとして初のアルバム『école de romantisme』をリリース。以後、これまでにオリジナルAL4作、カヴァーAL1作、ライブDVD3作をリリースしている。
また、新作リリース時の全国ツアーのほか、カヴァーライブ・シリーズ《SONG COMPOSITE》、期間/テーマを限定しない弾き語りライブ・シリーズ 《中田裕二の謡うロマン街道》、”中田裕二 trio saloon”名義でのライブと、様々なスタイルでのライブ活動も精力的に展開。
艶のあるオーセンティックな歌声もさることながら、幼少時に強く影響を受けた70-80年代の歌謡曲/ニューミュージックのメロディセンスを核に、あらゆるジャンルを貪欲に吸収した一筋縄ではいかないサウンドメイクと、様々な情景描写や人生の機微をテーマとした詞作によるソングライティングは中毒性が高く、熱心な信奉者が多数。

●中田裕二オフィシャルサイト


RELEASE INFO
LIVE DVD
『TOUR 15 BITTER SWEET 赤坂、春の宵』
2015年6月24日(水)発売

 SONG COMPOSITE
リリース詳細はこちら

PROFILE
中田裕二 trio saloon (中田裕二×奥野真哉×朝倉真司)
tour 15 “minimal dandyism”


7月5日(日) 神戸 クラブ月世界
7月7日(火) 東京 品川プリンスホテル Club eX
7月12日(日) 札幌 PENNY LANE24
7月15日(水) 京都 磔磔
7月16日(木) 横浜 赤レンガ倉庫1号館3Fホール
7月19日(日) 福岡 Gate’s 7
8月5日(水) 大阪 umeda AKASO
8月6日(木) 名古屋 ボトムライン
8月13日(木) 仙台 darwin

ツアー詳細はこちら

中田裕二の謡うロマン街道 (中田単独の弾き語りツアー)

6月14日(日) 弘前 SPACE DENEGA
7月4日(土) 広島 音楽喫茶ヲルガン座
7月8日(水) 東京 品川プリンスホテル Club eX
7月11日(土) 旭川 島田音楽堂
7月20日(月・祝) 岡山 城下公会堂
8月15日(土) 盛岡 あさ開十一代目源三屋
8月16日(日) 福島 大和川酒造北方風土館昭和蔵

ツアー詳細はこちら

終戦記念日に思う事
アルバム発売に向けて色々と事がはじまっております。
取材もいくつか。
音人は今回も金光氏暴走・・。

俺も実は次のレコーディングはじめちゃったりしてます(笑)

今日は終戦記念日ですね。
この一日は色々と複雑な思いに駆られます。

先日も靖国、遊就館に行ってきました。
日の丸の可愛い国旗と、ゼロ戦のプラモを買いました。
数々の英霊の写真をみながら、
あまりの男前ぶりに感動します。
なんか今の若者とは決定的に眼差しが違う。
俺達はこの人達が命をかけて守ろうとした
この国の未来に今生きて
果たしてその強い想いを汲み取れているのだろうか。
応えられているのだろうか。
自分の体たらくに悔しくなります。

原爆のことにしても、毎年毎年、
なぜか「過ち」という言葉が協調されたり、
やたらと世界の平和を連呼したり、
どうも腑に落ちない。
日本は落とされた側ですよ?
敗戦が決まっていたにも関わらず一方的に落とされたんですよ?
何故矛先が加害者にいかない?

それに世界は平和ですか?
どこがどう平和なのか教えて欲しい。
それは祈れば、願えば叶う事なのか?
歴史は証明する。人間は学ばない生き物だということを。
世界は弱肉強食のパワーバランスで動いている。
平和という言葉は安易に語れない。
秩序を守るのはいったい何か。
日本人は恵まれすぎているせいか、
島国だからか、
日本人の価値観や感覚で世界をぼんやりとしか
感じていない。
世界はもっともっと緊迫している。
カネと豊かさの味を知ってしまった
人間の欲望はさらに暴走をはじめている。

そしてここにきての韓国大統領の度重なる挑発、
天皇陛下に対する無礼、
「遺憾だ」の虚しい響き。

戦争は本当の意味で終わったのだろうか?
原発にしてもそう、
この国はずっと敗戦から本当に大切な何かを
誤摩化し続けて首の皮一枚でなんとか成り立っているだけなのでは。
目先の豊かさと引き換えに何も守れないままここまで来てしまったのでは。
そのツケがどんどん回ってきて
見回せど見回せど
どんよりと濁りきったこの時代に
これからの自分の身の置き所はいったい何処だろう、
と悶々とする。
でもこの苛立こそが今の時代に生きるものとしての
モチベーションであり原動力であり、
そしてそれと対峙する事こそが
我々に託された使命なのかもしれないと思う。

それぞれで、
本当の意味での愛すべき日本を作って行きたいものですね。
とても風通しの悪い昨今なので、
容易い事ではありませんが、諦めればそれで終わり。

・・とは言え、俺なんて人様の役に立てる事と言えば
歌を作って歌う事ぐらい。
聴く人の何かしらの助けにならねば!
と思いながらまた日々仕事につとめることにします。

ああ、なんか背筋の、ぴんと張りつめる一日です。
アルバム、期待しててください。

しかし女子バレーには感動した・・涙でた・・
なでしこにしてもそう、何にしてもそうですが、
なんだかこの国は女性が引っ張ってくれてますね(笑)
実は昔からそうなのかもね。日本女子ってすごい。
それに比べ不安になると
すぐ飲みに行ってベロベロになるしかない男(俺)
ああ、とてつもなく哀しい哉。

あ、29日仙台、ちょっと嬉しいサプライズあるかもです〜。
夏が終われば秋が来て、いよいよツアーがはじまるよっ。

b0220328_17351073.jpg

今年の仙台の花火です。
神戸からボランティアの人たちが沢山来てて、
グッと来た。高速バスで16時間かけてきたって。
もう仙台住んでないのに、ありがとうございます!
とお礼をしてしまいました。
去年も感動したけど、今年も素晴らしかったです。
[PR]
by nakadablog | 2012-08-15 17:14 | 中田裕二
<< 「MEGA☆ROCKS2012... メディア情報(福岡編) >>